過ぎた時間は戻らない

頭や心、体にとって良いことをすると、子供は健やかに育ちます。 教育だけでなく、子供が置かれている環境も整えなければいけません。 具体的にいつから何をという選択はたくさんありますが、その効果次第でその後の人生が決まってくるといってもいいほど重要な事ですから、慎重になるのは当然です。

大人も子供も余裕が欲しい

本当に幼いころから学習を始める場合は、パパやママがいかに関わるかによるところが大きいです。 家族で学習をサポートするためには、経済的なだけでなく、それぞれ時間や精神的なゆとりがあることが鍵になります。 気持ちに余裕がなくなると、それこそ子供にとって悪影響になってしまいます。

教育を俯瞰で見る

決まったことや指示をこなす事だけが学習ではありません。 日常生活に学習を溶け込ませ、様々な体験をさせることで培った能力が間接的に生かされることもあります。 視野を広く持って、時には回り道と感じることでも、その子の為になるかを常に考えてあげましょう。

慎重かつ迅速に

自分の子供が不自由なく人生を送ってほしいと、パパやママは思うもの。
子供にとって少しでも有益な物事を、早いうちにできるだけ経験させたい、身につけさせたいと考えるのは自然な事でしょう。
幼児教育はその代表的なもので、今は月齢によって何が効果的か、細かく研究されていますし、そうした情報は簡単に手に入ります。
一番の情報源は、先輩パパやママではないでしょうか。
小さい頃にあれをやっておけば、これを教えておけばという話から、〇歳から始めたお友達は優秀、など、実体験に基づく情報をたくさん持っています。
一例として、これは学習ではありませんが、プロのヴァイオリニストになるためには、3歳頃から始めなければ難しいと言われています。
実証に裏付けされているわけですから、いかに早くから始めることが大切か、納得できるわけです。
何を始めるにしても早すぎるという事はない、という事は子供に対してだけなく全てにおいて言えることですよね。
困ったことに、子育てはすぐに結果が見えないものですし、何が正しいのかわからない事ばかりです。
事始めは早いほうが良いというこの理論でいけば、幼児教育も早ければそれだけ効果が上がるはずです。
確かにそうしたケースもありますが、一方でデメリットもあるという事も聞きます。
何をするにしても、いつ始めるにしても、結局は取り組み方や考え方次第です。
漠然と子供のためになるから、という事ではなくて、具体的にどうなってほしいのかを考えて、幼児教育を上手に活用することこそが、大切になってきます。

TOPへ戻る