大人も子供も余裕が欲しい

時間がたっぷりある

子供の成長は止められませんし、戻ることもできません。
早い時期から幼児教育を始めれば、幼児の期間が長く、身につける知識や技術もそれだけ多くなります。
また、ゆっくりと学習を進めても問題ないため、焦らなくてよいので余裕が生まれます。
続けている学習やお教室が合わない時に、修正することも可能です。
単純に物理的に余裕が出てくるという意味でも、早期幼児教育はメリットがあります。
人間は経験することで成長していきますから、たくさんの経験の機会を与えてあげることで得られる体験は、子供にとっても財産になります。
人生の岐路で子供自身がより良い選択ができるよう導いてやることを考えると、早め早めに動くことは親として重要なことかもしれませんね。

子供の心に寄り添うこと

いくつから始める場合でも、主役は子供です。
興味がないことには集中できなかったり、指示通りにできないのはよくあることです。
できないからといって怒ったり突き放すようなことはせず、どうすれば楽しくできるようになるのか、興味を持ってくれるのかということと、パパやママがしっかり向き合わなければ意味がありません。
月齢が小さければ、それだけできないことが多いですし、自我が出てきていない程幼ければ、キャパオーバーであるかの判断はパパやママに委ねられます。
親が助ける比率が高くなりますから、その負担も考慮すべきです。
また、教育は用意された環境で受け身で行うものですから、純粋に遊ぶという意味での「楽しさ」とは違ってきます。
子供の立場に立って、一緒に取り組むことが大切です。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c