教育を俯瞰で見る

学ぶことを習慣に

早ければ早いほど良い理由に、学ぶことが日常的になるという事が挙げられます。
赤ちゃんの時から毎日やっていることは、疑問に思わずにそれを当たり前の事として認識するため、わざわざ学習を取り入れる必要が無くなります。
言葉を習得することは、毎日パパやママ、周りの人が話していることを聞き、やがて自分のものにしていきます。
わざわざ話せるように学習時間を設けることはあまりなく、それでも言語をつかさどる脳は発達するわけですから、それと同様に考えるとわかりやすいかもしれません。
英語や数、音楽や図形など、それらが当たり前に身近にあることで、子供たちは吸収していくのです。
お教室に通う事、ワークをやることが習慣づくと、パパやママも楽になりますね。

目的を明確にすること

子供にとって何が良いのか、どうなることをゴールとするのか、それによって早期の幼児教育が良いかどうかが変わってきます。
また、幼児教育が負担になる子供のタイプもいます。
一定の効果は得られるようですが、飛躍的に何かが伸びているという事を実感しにくい場合もあるため、それに親が不満を持ったり、子供を責めたりすることのないようにしたいものです。
様々なタイプの教育法がありますから、子供に合ったものを見つけてあげましょう。
また、幼児教育には時間とコストがかかります。
その場ですぐに結果が出るわけではないので、気長に待つ精神的な余裕も必要です。
一歩間違えば、逆に子供の可能性をつぶしてしまう事にもなりかねませんので、親が大らかに、楽しいことだという意識を持っていたいですね。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c